整理収納アドバイザー ポレポレ日記

40歳 おじさん整理収納アドバイザー

毎日のルーティーンを破ってでも大切にしたい事

今日は休日。

僕は基本休日でも平日のルーティーンを守って生活するようにしています。

休日だからと言っていつまでも寝ることはせず、いつも通り朝早く起きてシャワーを浴び、コーヒーとチョコレートを口にむ含みながらブログを書くようにしています。

もちろん休日ということもあり時間があるため、シャワーをやめて浴槽にお湯を溜めてゆっくり浸かったり、近くのカフェへモーニングに行くこともありますが、基本平日と同じように過ごすようにしています。

それは、いつものリズムを崩したくないという意識から行っていることです。

僕にとっては休日だけが特別な日ではなく、毎日が特別な日と捉えているからです。

そんな毎日のルーティーンを守っている僕ですが、今日はいつもの休日とは違う過ごし方をしました。

いつもと同じように起床し(少しだけゆっくり寝ていましたが...)、浴槽にお湯を溜めている間に腹筋、腕立てを行い、ゆっくりお風呂に浸かりながら、その後の計画を立てます。

「冷蔵庫に野菜がたくさん残っているから、鶏肉でも買ってきて水炊きでもしようかな。そのためには大根も買ってきて大根おろしもあった方が良いな~。」とか大きな独り言を言いながら計画を立てます。

昨日のうちに掃除・洗濯を終わらしているため、今日は特にすることはありません。恐らくこの後ブログを書き終えたとしても9時過ぎにはやることがなくなるような状況になります。

今日は14時半から見たいラグビーの試合はありますが、それまでは特にこれといった予定はありません。

そんなことを考えていると、ふと正月休みの事が頭をよぎってきました。

「やることがなくて余計なことを考え無駄なコトをしてしまった。今日もそうなるのでは...」

2月に大きな仕事が控えている僕。その仕事に向けて細かい仕事は少しでも片づけておきたいと考えていました。

少し片づけているだけでも、週明けからの仕事が楽になるのは分かっています。そして、平日の過ごし方が楽になり心地良くなるのも分かっています。

でも、職場まで行く時間やその手間を考えていると、面倒くさいからかどうしても考えが後手に回ってしまいます。

でも、正月休みの事が頭によぎっている僕は、お風呂に浸かりながらこのままではいけないという葛藤と戦っていました。

「風呂から上がって、ある程度ブログを書いていたい。でもそうすると職場に行く時間が遅くなり、14時半のラグビーを見る時間に間に合わなくなる...どうしたものか...」

そんなことを考えた結果、今日はいつものルーティーンを守らず職場に行く決断をしましたた。風呂上がりにブログを書くことをやめたのです。

それは、職場に行かないことの方が自分にとって「楽」な選択だと捉えたからです。

僕は心の弱い人間です。何か決断をする時には、ついつい自分にとって「楽」な選択をしがちな自分がいます。それは「楽だから!!」と行った正直な気持ちを前面に出すわけではなく、自分をごまかすように様々な理由(言い訳)を付けてその選択をするようにしている自分がいるように思います。

そこにはズルい自分がいるように思っています。目を背けたくなる自分の姿がそこにあるのです。

でも、今日の僕はそうではなく、「楽」を選ぶのではなく、面倒くさいけど、毎日の「心地良い暮らし」のことを考え、それを選ぶ自分がいました。

今までの僕であれば、「ルーティーンを守るべき」とか「無理しなくてもいいよ」とか自分にとって都合の良い言い訳を前面に出して自分にとって都合の良い選択を多くしていました。

でも今日はその誘惑に負けることなく、ルーティーンを破ってでも決断することが出来ました。

その結果、いくつかの仕事を片付けることができ、週明けの仕事も気持ちよく迎えることが出来そうです。

また、見たかった14時半からのラグビーの試合にも余裕で間に合い、食事の用意をし、美味しい日本酒と自分で作った肴を共にしながら観戦することが出来ました。

結局そんなものだと思います。

やるべきことがあることは分かっています。でもそのやるべきことから逃げているから、そのものに取り組む姿勢が消極的になり、後回しになっているだけのように思います。

その結果、大きな後悔が残るようになるのだと思います。

今日の僕は「毎日のルーティーンにこだわる」という言い訳に頼ることなく、そのルーティーンを破ってでもやるべきことを行いました。その結果「やって良かった。」という充実した気持ちを得ることが出来ました。

その気持ちを得た午後からの僕は「心地良い時間」を過ごすことが出来たように思います。

毎日のルーティーンを作り、そのルーティーンを守ることは心地良い暮らしを実現するためには必要なのかもしれません。でもそれにこだわり過ぎるのもどうかと思います。

その場に合ったものが何なのかを見極め判断することが大切なように思います。

今日の僕はそれが出来ていたように思いました。