整理収納アドバイザー ポレポレ日記

40歳 おじさん整理収納アドバイザー

スケジュール管理

人として、社会で生きていく中でスケジュールの管理はすごく大切になると思います。

また、時間を守ることも大切だと思います。

よく世間では「時間を守らない人は、その人の時間を奪っていることになる!!」とか言ってプンプンしている人がいますが、僕にとってはそんな難しいことは関係なく、ただ単に時間に遅れてくる人やそれを平気な顔をしている人にムカっとくるだけです(^^)

それは僕の時間を奪っていることにムカっとしているのではなく、ただ単に自分のペースを乱されていることに腹を立てているのです。(同じことかもしれませんが…。)

僕は、「俺の時間を奪っている」なんてそんな深く考えるほど深い人間ではありませんし、そんな偉い人でもありません。

でも早寝早起きをして毎日を心地よく暮らしたいとは考えています。そしてそれを誰にも邪魔はされたくないと考えています。

それは自分にとっての「心地よいと感じる暮らし」を誰よりも望んでいるし、過ごせるように向き合っているからだと考えています。

そして自分のことを大切に思っているからです。

もし、食事に行く約束があってそれに遅れてくる人がいた場合、僕はすごく腹が立つように思います。でもなんか微妙なときもあります。食事の時間がモーニングの時間帯であればさほど腹も立たないように思います。それは早寝の僕にとって、寝る時間まではまだまだ時間があるからです。

でもその約束が夜の時間であれば様子は変わってきます。遅れてくることによって僕の心地よい時間に影響が出る(寝る時間が遅くなり、早起きに影響が出る)となった場合は僕は容赦なく腹を立てます。(夜だから攻撃的になっているからかもしれませんが…。)

それは僕だけでなく他の人も無意識にそんな気持ちを持っているのではないでしょうか。自分のペースが乱される、自分の大切にしている時間が侵される。そんな状況になった際にストレスを感じるのではないでしょうか。

だからこそスケジュールの管理は大切になると思うのです。それは相手のことを思いやるとか相手のことを考えることにも繋がるかもしれませんが、なによりも自分のことを大切にするという意味でです。

そしてそのスケジュールをしっかり管理するためには僕は「収脳」が大切なんじゃないかと思っています。

目に見えないモノの中には今すべきこと、これからすること、今の自分の感情、相手に対する感情、思い出などなどたくさんのモノがあると思います。もしかしたら、日々持ち歩いているモノや家、職場に保管している目に見えるモノより多いかもしれません。

そのたくさんある目に見えないモノを使いやすくすること、「収脳」することで、今やるべきことや明日でもいいこと、今向き合うことなどを管理できるのではないかと考えています。

だからこそ、普段から目に見えるモノを整理(必要なモノだけにする)し、整理して残ったモノを「収納」(使いやすく定位置に戻す)することが大切になるのだと思います。

普段から目に見えるモノを「整理・収納」をしていることで、自分の持ち物は厳選されていきます。それって目に見えるモノだけでなく、目に見えないモノの厳選にも繋がりがあるのだと僕は思います。

普段から「整理・収納」が出来ている人は本当に必要なモノだけの中で生活できている人です。その良さに気づいている人だと僕は思います。

だから頭の中のモノも「整理」できているだろうし、「収脳」も上手にできているのだろうと思います。

頭の中が「整理・収脳」できていることで、スケージュールの管理もしやすくなり、時間を大切にすることが出来るのだと思います。

きっと社会的に成功している人ってこの「整理・収脳」が上手にできているのだろうなと思います。

僕は時間を大切に考えています。だからこそ日々の「整理・収脳」を大切にして、スケジュールを上手に管理できる人を目指したいと思います。