整理収納アドバイザー ポレポレ日記

40歳 おじさん整理収納アドバイザー

整理・収納の効果

「整理・収納」による効果は大きく分けると3つあると言われています。

・時間的効果

・経済的効果 

・精神的効果 の3つです。

このブログを始めて1ヵ月以上が経ちましたが、様々な場面で僕がこの3つの効果を実感したことを紹介させて頂きました。

「探し物をしない」ことで時間的な効果が出ることや、財布の中身を整理したことで「無駄遣い、衝動買い」が減り、経済的なダメージが減ったこと(経済的効果)などです。

また、必要なモノだけに囲まれた生活が出来ていることにより、僕の心はいつも安定して同じ状態を保つことも出来ています。これが精神的効果に当たるのだと思います。

「整理・収納」を行うことで、毎日の生活は僕なりに満足できるようになってきました。まだまだ改善できることはあると思っているのでもっともっと良くなることも期待しています。

そして、「整理・収納」の一番の魅力は「収脳」に繋がっていることだと僕は考えています。「整理・収納」をすることで目に見えない僕の頭の中もスッキリ、シンプルにすることが出来ているのです。

「収脳」が出来ていることで得られるメリットはたくさんあると思うのですが、僕は「切り替え」がスムーズに出来ることが大きなメリットの一つだと考えています。

「切り替え」とは仕事からプライベートの時間へ、プライベートの時間から仕事へなど頭の中を切り替えることです。(そのままです。)言い方を変えるとそれぞれのスイッチをオンやオフにすることとも言えます。(だれでもわかります。そのままです。)

僕は「収脳」をすることで「切り替え」が上手にできるようになるのではないかと考えているのです。

人の頭の中は様々なモノが混在し、散乱していることは以前投稿させて頂きました。やるべきことや日々外から受ける刺激や影響により、頭の中には様々なモノが溜まっていくのです。

その溜まったモノを「整理」し、残った必要なモノを使いやすく、頭の中の定位置に「収納」する。これが僕の考える「収脳」です。

この「収脳」が上手くできていることにより、自分の今すべきこと、これからすべきことが明確になっているように思います。

よく、「仕事を効率よくするためには優先順位をつけることが大切」と聞くことが多いのですが、「収脳」が出来ていないと間違った優先順位をつけてしまったり、そもそも優先順位なんてつけること自体が出来ないように思います。

そして何度もいいますが、「切り替え」も上手くできないのではないかと考えています。

仕事からプライベートなオフの時間へ。もちろんやりたい仕事、やりがいを感じている仕事と常に向き合うことは大切だと思うし、常に向き合っているからこそ良い結果を生むことがあることも良くわかります。

でもネガティブな感情を持ったままオフに入ってしまうのは、そのオフのプライベートな時間まで無駄な時間にしてしまいそうになるように思います。

だから、毎日を心地よく暮らすためには「切り替え」が出来るようになることが必要になると思うのです。

毎日仕事をしたり、育児をしたり、学校に通っていると気持ちが沈むことや悲しくなることもあると思います。ネガティブで自分に自信の持てない僕なんかそんなことだらけなように思います。

でもそんな僕でも、「収脳」が上手く出来ているときはさほど気にならないような気にもなります。「収脳」が上手く出来ていな時って「整理・収納」が上手く出来ていない時です。

だから僕は日々の「整理・収納」を徹底していこうと思います。そうすることで「収脳」が促進され、「切り替え」が上手にできるからです。

嫌なことや悲しいことがたくさん起きる現状かもしれませんが、少しでも「心地よい暮らし」を目指すために、「整理・収納」を行い「収脳」を進めたいと思います(^_-)-☆