整理収納アドバイザー ポレポレ日記

40歳 おじさん整理収納アドバイザー

働くことについて

このブログでは僕の考えを誰かに聞いてほしいというよりかは、僕自身が心地よく過ごすために何が必要なのか、何を行うべきなのかということを考えることに重きを置いて書いています。

また、それを通して「整理・収納」や「整理・収脳」の知識を深め、その考えを明確にしていきたいという目的もあります。

そして、そんなブログを始めてから、初めて長期の休みがありました。

一年に2回ある長期の休み。(お盆休みとお正月休みです。)

そんな長期の休みですが、今年のお正月休みでは今までにないくらい様々なことに向き合いながら過ごすことが出来たように思います。

それは、毎日このブログを書く時間があったからです。

ブログを書くことで、普段何気に行っている一つ一つの行動や考えている一つ一つのことに対して向き合うことが出来ました。

そして、それを「整理・収納」や「整理・収脳」に結び付けることが出来たように思っています。

心地良く毎日を過ごすために何が必要なのか、何を行えば心地よく感じるのかを考える良い時間になりました。

たくさんの気づきがあったように思うのですが、その中でも今回一番強く感じたのが、僕にとっては「働くこと」は必要なモノということです。

それはもちろん、生活をしていく上でお金を稼ぐために必要という意味もあります。でも今回僕が言いたいのはそういうことではなく、「働くこと」がそれ以上の意味があるということです。

それは僕が心地よく過ごすためにはある程度メリハリのある生活の方が心地よく感じることが多くなることが分かったということです。

長期の休みではたくさんの時間があります。一日中好きなことをする時間があります。

特にお正月休みでは外に出てもテレビを見ていてもどこかゆっくりした時間が流れているように思います。

そんな「環境」の中ではもちろん僕もゆっくりだらだら過ごしてしまいます。

だらだらしてしまうのは僕が悪いです。そんな「環境」の中でもいつもと変わらない生活が送れるような強い心を持っていない僕が悪いです。

でも、そんな弱い心の持ち主の僕でも「働く」という環境があることで心地よい毎日を送ることが出来るのです。

今週から始まった長期休み後の仕事。僕にとってはこの1週間は本当に心地良い時間をたくさん取ることが出来ました。

もちろん休みの日の方が好きなことをする時間はたくさんあります。仕事が始まるとその時間は仕事に奪われ、好きなことをする時間は減るように思います。

でも、僕にとってはこの一週間の方が心地良く感じていたのです。

きっとそれは、生活の中にメリハリがあったからだと思います。

休みの日であれば、心の底で「いつまでも寝ていられる。」という気持ちがあったり、「今やらなくても後で出来る。」と行った気持ちが無意識にあったように思います。

その反面、仕事の始まった今では、「早起きしないと仕事に間に合わない。」や「今やらないと帰ってから心地良い時間が取れない。」という気持ちが自然と湧いてくるようになると思います。

いわゆる、やるべき時にやらないといけない環境が今の僕にはあるように思うのです。

心の強い人であれば仕事があろうが休みだろうが関係なく、毎日の生活にメリハリをつけることが出来ると思うのですが、僕のような心の弱い人間には「働く」ことでメリハリがつけられ、バランスが取れるようになると思います。

「いつでも出来る。」ではなく、「今やろう。」と思えるのは働いているからだと思います。「まだ寝られる。」ではなく「起きて頑張ろう。」と思えるのも働いているからだと思います。

その結果、毎日にメリハリがつけられ、心地良い時間を取ることが出来るようになるのだと思います。

僕にとっては好きなことをする時間がたくさん必要なのではなく、毎日の生活にメリハリをつけることが出来る「働く」時間が必要だということがこの長期休みで分かったように思います。

次の長期休みではこの気づきを生かして過ごしていきたいと思います。

そして、これからも働きながら心地良い時間を過ごしていこうと思います。